〜循環流動層ボイラー・CFBボイラーの普及〜

私が年間契約をして毎週水曜日に届く環境新聞には日々バイオマス燃料・プラント設備・資材・大型火力発電所・バイオマス発電所についての記事が大きく取り上げられています。

今現在、既存のバイオマス発電所では木質ペレット・木質チップが使用されていることが殆どですが、木質ペレット・木質チップの需要が大きいので供給が追い付いていないことが殆どです。需要が大きければ大きい程価格は上昇する一方です。

そこで木質ペレット・木質チップの代替燃料として利用されるのが、近年注目を浴びているパーム椰子殻(PKS)になります。

しかし木質ペレット・木質チップを利用するにあたっては通常のボイラーでしたが、パーム椰子殻(PKS)となると通常のボイラーでは対応出来ないことになります。

そこで近年普及し始めているのがCFBボイラー 循環流動層ボイラーになります。CFBボイラー 循環流動層ボイラーの特徴は多種多様な燃料に対応しており、環境に配慮した構造にもなっています。多種多様な燃料と言えば木質バイオマス・低品質石炭・廃タイヤ・廃プラスチック等に対応しています。

最近では某大手重工業メーカーが某電力会社からCFBボイラーを受注したと言う記事が記載されていました。

そこに記載されていることは高効率発電を可能とする技術が備わっていることもあると思いますが、その背景には木質バイオマス燃料の代替燃料として利用できるパーム椰子殻(PKS)を利用したいとこともあったはずです。

パーム椰子殻もそうですが、EFBペレット・OPTペレット・とうもろこしペレット・サトウキビペレットの普及も進んでいくはずです。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*