マレーシア・クアラランプール出張

マレーシア・クアラランプール出張

①目的

1.マレーシア某エンジニアリング会社とのビジネス関係を構築

2.EFB Pellet・OPT Pelletの知識の習得

3.東南アジアのバイオマス燃料についての情報収集

12月15日(金)〜12月17日(日)に某マレーシア エンジニアリング会社の担当者とEFB Pellet・Oil Palm Trunk Pelletの原材料所有している某マレーシア上場企業の担当者と商談をさせて頂きました。

この1年間私達IBIZA Corporation・Team IBIZA Indonesiaはバイオマス燃料(木質チップ・木質ペレット)についての知識習得・海外メーカーへのコンタクトに励んでいましたので、マレーシア某エンジニアリング会社の担当者・マレーシア上場某化学メーカーの担当者と日本市場・韓国市場でのEFB Pellet・OPT Pelletを含めたバイオマス燃料(木質チップ・木質ペレット)の今後の動向について濃い商談をする事が出来ました。

2017年〜2020年の間にバイオマス燃料(木質チップ・木質ペレット)の需要が急激に高まる事が予想されています。現状でも海外メーカーに問い合わせをしても日本市場・韓国市場からの引き合いが多く、新規で問い合わせをしても受け付けが出来ない事が多いです。特に木質チップより利便性が高く・化石燃料の石炭と同等の使い勝手が得られる木質ペレットの供給が追いついていないのが現状です。

そこで私達は今後注目されていくと予想されるEFB Pellet・OPT Pelletに目を向けることに致しました。

EFB PelletとOPT Pelletはパーム椰子の木を加工する工程で取れるEFB Fiber・Oil Palm Trunkを原材料としてペレットの形状に加工して出来た製品がEFB Pellet・OPT Pelletになります。EFB Pellet・OPT Pelletは発電所を効率的に常時稼働させる為に欠かせない”安定供給” “高燃焼率” 等が見込めます。

さらにEFB Pelletを販売するにあったって気を付けなければならない事があり、それは原材料に含まれているEFB Fiberに発電所のボイラーを腐食させてしまうカリウム等などの成分が多く含まれている事です。

しかし私達はマレーシア某エンジニアリング会社が2〜3年掛けて開発した機材がこれからのバイオマス燃料の可能性を大きく変えると思っています。

今回のマレーシア・クアラランプール出張ですが今後のEFB Pellet・OPT Pelletの可能性を身近で感じる事が出来た出張でした。バイオマス燃料と言えば”木質ペレット” “木質チップ”と置き換えられる事が多いですが、代替燃料としてEFB Pellet・OPT Pelletに置き換えられるとして需要も確実に上がってくると思われます。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*