〜今後の生産能力について〜

これからTeam IBIZA Indonesiaのさらなる事業展開に向けて、新しいパートナーとなったSyukurさんから様々な事を学ぶ姿勢で事業に取り組んでいきます。

Syukurさんは非常にフットワークが軽く、木質バイオマス企業との繋がりが非常に広いと同時に個人で様々な事業に取り組んでいると様々な情報が早く入ってきます。

今週の月曜日からスマトラ島にある木質ペレット企業に訪問して、Syukurさんが勤めているPT.Pelet Biomass Indonesiaの顧客に対して木質ペレットをさらに供給していくそうです。

具体的な数値は開示する事が出来ませんが、Syukurさんからの新しい情報によると、今年の8月、来年と来年末には各木質ペレット企業の生産能力が高まる予定です。

アジア圏内にある、大型火力発電所・石炭火力発電所は殆どベトナム・カナダから輸入していますが、まだまだ5年〜10年間と長い目で見ていくとインドネシアの木質バイオマス企業は可能性があると感じています。

なのでTeam IBIZA IndonesiaはSyukurさんを含めて、インドネシアにある木質バイオマス企業などとの関係を密にしていきます。

まだまだSyukurさんを除いた私達は未熟な部分が多いですが、インドネシアの発展を目指して日々精進して参ります。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*