〜海外就職=現地採用とは?〜

私がインドネシア ジャカルタで就職活動をしていた時にお世話になった人材派遣会社の担当者からインドネシアの現地採用に関する様々な情報を頂きました。海外就職・現地採用を検討している人なら必ず気にしてしまう、現地の経済・治安・給与・福利厚生の情報について細かく開示して頂きました。今現在でもチャンスがあればインドネシアの現地採用として働けるように、担当者から最新情報を日々頂いております。

現地採用とは?

PhotoCredit: Application-pen2 via Photopin CC

現地採用は駐在員との対比で「現地の会社と直接雇用契約を結ぶ」ことが現地採用と言います。海外に進出をしている日本企業に勤めている方ならご存知かと思いますが、様々なケースで海外へ訪問することがあります。殆どの人達は日本にある日本企業で雇用されたまま海外出張・海外赴任・海外駐在のケースが多いと思います。

現地採用のメリット

 1.インドネシアに限らず好きな国で働くことが出来る。

PhotoCredit: Directions via Photopin CC

今回はインドネシアの現地採用について焦点を当てていますが、日系企業が進出している国であれば様々な人材派遣会社が存在しているはずですので、問い合わせをすれば求人情報などを頂けるはずです。

    2.残業などがなく、ワークライフバランスが取りやすい。

PhotoCredit: 20130420-DSC00155 via Photopin CC

多くのインドネシアの現地採用をしている人達から聞く言葉ですが、残業がなく・ワークライフバランスが取りやすいそうです。一概に全ての日系企業とは言えませんが、インドネシアの現地採用として働いている人達からその様に聞いております。

    3.福利厚生によってプール・ジム付きのアパート・マンションに住む事が出来る。

PhotoCredit: Weekend Escape! at The Park Lane Hotel Jakarta via Photopin CC

日本人を向けの求人では多い福利厚生であり、インドネシアで現地採用として働いている人にとっては嬉しい福利厚生だと思います。残業が少ないのであれば健康維持する為には欠かせないはずです。この様な福利厚生は日本ではあまりないと思いますが、インドネシア 現地採用ならではの魅力だと思います。

現地採用のデメリット

 1.海外駐在員に比べて所得が低い

PhotoCredit: Rupiahs Indonesia via Photopin CC

インドネシア 現地作用をしている人にとっては一番比較してしまう部分だと思います。実際にインターネットで様々な記事を見ますが、それは仕方ないことだと思います。それを承知の上、インドネシアで現地採用をしているので文句を言っても仕方ありません。他の人達が持っていないスキルを身に付けて給料を上げていくしかないと思います。

 2.福利厚生が現地基準

PhotoCredit: Standard via Photopin CC

福利厚生は先ほどもお伝えした通り現地水準ですので、日本の様な公的年金制度や医療保険制度はありません。しかし2014年の1月からインドネシアの社会保険制度 BPJSが 始まりました。6ヶ月以上就労している外国人は加入することが義務付けられていますが未整備な部分が多いそうです。

 3.将来のキャリアが見えにくい

PhotoCredit: Confused via Photopin CC

近年インドネシアではジョブホッピング(※給料が良い所へ移ること)が盛んになっています。インドネシア 現地採用の場合では5年〜10年後のキャリア形成が難しいと思いますが、人によっては 1.日本に帰国して働く 2.違う国で働く 3.駐在員として働く 5.外資系企業へ転職 6.そのままインドネシアに永住する などの人達がいるそうです。

実際には自分で思い描いていたキャリアと異なっている人達が殆どだと思います。なるべく選択肢を増やすことが行き詰まらない事だと思います。

私がお世話になっている担当者の方はインドネシアに移住して大手人材派遣会社のマーケティング・アドバイザーとして勤務されている方です。プラーベートの時間であるのも関わらず親身になってインドネシア 現地採用について相談に乗ってくれます。

※海外就職・インドネシアでの現地採用についてご相談したい方はこちらまでお気軽にお問い合わせ下さい。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*