〜2ヶ月弱で気付いたこと〜

この1週間で様々な情報が立て続けに入り、整理するだけでも大変でしたので混乱する日々でした。

メールを送る際にも細かいミスが目立ってしまい、インドネシアにあるWood Pellet企業には”本当に相手は取引をしたいのか?”と思われていたかもしれません。

本日で約2ヶ月弱が経過しましたが上手くいかない状況に陥っています。

上手くいかない時には私達でしっかりと顔を合わせて話し合う必要があります。

〜小さな気付きや失敗〜

Photo Credit: Victoria Quientro via PhotoPin CC

①メール・電話だけでのやり取りには限界があることに気付く

TEAM IBIZA INDONESIAが始まって2ヶ月弱が経過しましたが、私達はメールや電話だけを通して連絡を取り合っています。もちろん私達はサプライヤーや顧客とは1度も顔を合わせたことがありませんですし、間に立ってお互いが求めているものを把握することは難しいです。やはりWood Pelletなどは初めての分野なのでミスがあることは仕方ないことかもしれませんが、日々サプライヤー・顧客とのやり取りを通して勉強していくしかありません。

 

Photo Credit: Deepti via PhotoPin CC

②細かい情報の伝達不足

私達の時間が合わない中で細かい情報を共有することは非常に難しいです。様々なサプライヤーと連絡を取り合っているので、日々の内容を引き出さなければなりません。そしてTEAM IBIZA INDONESIAが始動して2ヶ月弱ですがなので私達は常に土日などで情報を共有する為に顔を合わせることが欠かせません。

〜小さな成功〜

Photo Credit: Astabraksabah via Photopin CC

①5月上旬にお会いする約束

未だ暫定ではありますが5月上旬にPT.South PacificのSteven 社長とお会いすることになりました。インドネシアという新興国に電話をすることは中々難しく、日々電波が安定していません。Appointment Letterを頂いたのでPT.South Pacificには必ず顔を合わせなければなりません。それは今回の取引だけではなく1〜5年後の為でもあります。非常に楽しみでもあります。

まとめ

私達はこの2ヶ月弱で大きく成長していることを自負しています。なぜなら私達の気持ちなどが前に進まないからです。日々修正しなければいけないことは多々ありますが、先月と比べてスピード・質・理解力は上がっています。これからどの様に成長していかなければいけないのかを1度私達で改めて話し合わなければなりません。

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*